TOP
47.66score

bonnie

スポンサーKataribe

昔は馬の餌だった。今は土壌改良用の緑肥。ついでに健康食品。

 むかしむかし、農家のおばあちゃんと話をしていたところ、機械化する前は農耕馬を使っていた、という話から餌の話になって、空いた畑に「えんぱく」の種をばらまいて、生えて来たら次々と刈り取って馬にあげていたという話を聞いた。

 そのあと「えんぱく」は「えん麦」であることを突き止め、えん麦は「緑肥」といって、休耕地の土壌改良や雑草抑制に有効な植物であるということを知った。(種ができる前に刈り取ればの話)(種がちらばると、手に負えなくなり雑草化します)

 つまり

 土壌改良
  ↓
 馬の餌
  ↓
 馬の糞はたい肥

 というサイクルで、畑を豊かな土地にしていたのだ。

 いまはなんと、健康食品として紹介されてるではないか!

 つまり今のサイクルは

 増える休耕地、耕作放棄地にえん麦の種をまく
   ↓
 土壌改良しつつ、健康食品として販売
   ↓
 人間が食べる。
   ↓
 金銭面でも、耕作放棄地をカバー!

 というサイクルで、土壌改良をするサイクルになっているのだ。
 (国内のえん麦を使っているかは定かではないが・・・。)

 日本の農業を支えるため、自分の健康のため、みなさんえん麦を食べましょう!
 うちはいつも麦ごはん食べてます。

.

最終更新日:2016-04-09 12:56

コメント (0)